インパクト

インパクト

グローバル組織として、Airaloは健康、安全、持続可能性、およびウェルビーングを促進する多くのイニシアチブに投資してきました。

グローバルエクイティは、様々な形態で現れるものです。 組織の中核には、当社には地球上のすべての人にグローバルな接続をもたらすという使命があるという信念があります。 使用するテクノロジーや居場所に関係なく、当社はあらゆる端末をネットに接続できるようにすることを目標としています。 テクノロジーを最大限活かす自由は、私たちがより相互に接続されるようになるにつれて、特権から必要なものへとゆっくりと変化しています。

デジタルの未来に向けて取り組む中で、当社はプラスチックの必要性と従来のSIMカードの廃棄物を削減する、環境に優しく革新的なソリューションを推進し続けます。

当社が最前線で取り組んでいるイニシアチブは次のとおりです。 

支援・援助活動

Airaloはグローバル接続サービスに注力する企業として、テレコムインフラとパートナーシップを利用して必要な場所に素早く接続サービスをお届けする手法を常に探し求めています。

弊社は以下のプロジェクトにおいて、データサービスを提供しました。

ウクライナ
Help Ukraine Connect基金(2022年)

Airaloチームは、何百万人ものウクライナ人を追放した現在でも進行中の戦争に対処するため、Help Ukraine Connect基金を設立しました。集められた資金は、これらの困難な時期にデータへのアクセスの提供を通じて、困窮しているウクライナ人に送られます。

ミャンマー
ミャンマー騒乱(2021年)

ミャンマーでの内乱と紛争の間、通信サービスは最小限しか利用できませんでした。ほとんどの市民は不可欠なSIMサービスにアクセスできない状態でしたが、AiraloのeSIMサービスは継続して稼働していました。ミャンマーの接続を維持するために時間、資金、およびリソースをAiraloが提供したことにより、当社はデータの主要なソリューションになりました。

オーストラリア
オーストラリアの山火事(2020年)

オーストラリアの山火事という悲劇的な自然災害により、Airaloチームは救援基金の作成に動員されました。オーストラリアのeSIMの売り上げはすべて、自然災害の被災者を支援するために寄付されました。

教育

Airaloの児童基金は、Chirldren Internationalとの共同により当社のイニシアチブでスタートしました。

このイニシアチブにより、開発途上国の子供たちへの資金提供が支援され、食糧、水、シェルター、および教育の提供に役立てられています。 当社が掲げる目標は、会社に従業員を追加するたびに新しい子供を後援することです。 これらの子供たちにより良い未来を作りたいと考えています。 

当社は、多様性、包括性、公平性を重視しています。 弊社のチームは 4 大陸 10 か国以上で展開しておりますが、「周りと繋がる方法を変えたい」という共通のコミットメントが私たちをひとつにつなげています。

クリーンウォーター

私たちが取り組んできた最も重要なイニシアチブの1つは、必要としている人々にきれいな水を届けることです。 

Airaloはカメルーンのバブーと言う村を後援し、その中心部に井戸を建設しました。

アフリカ全土の農村地域では毎日、何百万人もの人々が清潔で安全な水を利用できないことに苦しんでいます。 世界では、9人に1人が未だきれいな水を利用できないのに対し、アフリカの多くの地域ではこの割合が9人に8人まで上ります。 水は、日常的に不自由をもたらしている問題です。 水がなければ、食糧を育てることも、健康を維持することも、学校に行くことも、働き続けることもできません。 これは学齢期の子供たちを貧困に陥れる重荷となっています。 安全な水へのアクセスを確保すれば、より良い生活への最初の障壁が打ち破られます。また、問題を可能性に変えることで、教育、経済的機会、健康の改善につなげることができます。

教育: 環境サステナビリティ

プラスチックは地球にとって大きな負担であり、当社はプラスチック製のSIMカードの必要性を削減する商品を製造できることを誇りに思っています。

毎年、使用済みおよび廃棄済みのSIMカードによって何百万トンものプラスチックが捨てられています。 環境への取り組みがより持続可能になることを目指しているため、Airaloは、二酸化炭素排出量を革新して削減するための新しい方法を常に見つけることに取り組んでいます。

Airaloについてさらに詳細をご希望ですか?

My eSIM
プロフィール